読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

途方もなく長いアラブの道

アラブ首長国連邦 世界 中東 旅物語 旅の豆知識 海外

 

We in the U.A.E. have no such word as 'impossible'; it does not exist in our lexicon.

Such a word is used by the lazy and the weak, who fear challenges and progress.

                                                                                   -Mohammed bin Rashid Al Maktoum

 

 

私たちアラブ首長国民の辞書に「不可能」という文字はない。

そんな言葉は挑戦と進化を恐れる怠惰な人たちに使われるものなのだから。

 

                ーモハメッド・ビン・ラシッド・アル・マクトウム

 

 

 

アラブ首長国連邦はとにかくスケールが大きいです。初めてアラブ首長国連邦を訪れた際、地図を見て滞在場所がある駅から2つ目のビルを右に曲がって3つ目のビルだったので徒歩で行こうと試みました。外は50度前後で蒸し暑かったですが、貧乏学生だった私には何のその。。。となるはずでした。笑 

 

 

しかし、実際の話はこうです。

駅を出て、よく舗装された一直線の道を歩み始めました。それから15分程歩いたところで後悔の念に襲われました。湿度の高い50度を侮ってはいけません。熱すぎました。そのうえ、15分といえば1キロ近く歩いているはずなのに、駅から一番近いビルの角すら見えてこないのです。しかし、後悔先に立たず、ひたすら歩き続けました。

それから30分経つころようやく初めの角に達しました。ここでは運がよくモールの角の車入り口だったらしく、タクシーを捕まえてホテルへ向かいました。

 

タクシーに乗って20分程度信号の殆どない道路を走り続けるとようやく、ホテルに辿り着きました。全く地図上ではまるで目と鼻の先にあるビルが実際にはこんなにも遠い場所にあるなんて誰が想像できるでしょう。高くしかし極小ビルの林立する東京で育った筆者にとっては思ってもみない経験でした。

 

それから、荷物をホテルに置いて観光にドバイモールに向かいました。

世界一高い建造物ブルジュカリーファのある場所です。

 

 

 

ブルジュカリーファに関する記事はこちら

s-mic.hatenablog.com

 

 

 

電車に乗り、ここへ着くとお腹がすき始めました。

その名もドバイモール駅という直通の駅からモールに入るまで、遊歩道の上を歩くこと15分。一番近くの店の人に食事処はないかと聞くと、フードコートが真っすぐ行った道の一つ目の角を左に曲がったところにあるというではありませんか。

これはありがたい!

またまた、歩き始めました。歩くこと30分ようやく一つ目の角が見えてきました。

だんだんこの途方もなく長い道を笑いとばしてやりたくなりました。

その後左に曲がり20分ほど歩き続けると、ようやくフードコートです。

アラブ料理はないかと探しましたがこれがなかなか見つからない。笑

結局1時間程度散策した結果一つのアラブ料理屋さんに辿り着きました。

それにしても1時間あっても回り切れないほど広大なフードコートに経った1軒のアラブ料理屋さんしかないなんて。。。

 

 

f:id:s-mic:20170320153914j:plain

フードコートの入り口

 

 

 

実はこうやって長い距離を歩く中で見かけるのは、アラブ系の人々ではなく、東南アジア系の人がほとんどです。お手伝いさんたちなのかもしれません。みなさん綺麗な身なりをしていますから、アラブ首長国連邦での労働環境は悪くないようには思えますが、これを日々こなすと思うとさぞかし大変なことでしょう。

 

 

この長旅の話はまだまだ続きすが、もうこれくらいにしておきます。

正直、バックパッカーには向かないと言われるアラブ首長国連邦ですが、これは本当だと私自身の経験を通じて感じました。

 

誤解のないように、ある程度お金を払うことを厭わないのであれば、そこはとても素敵な場所です。高いといってもヨーロッパの物価の高い地域に行くよりは安く済む方法は多いにあります。貧乏旅行で這いつくばってでもという方の長期滞在はお勧めしませんが、近代未来建築の最高峰とも入れるこの場所へ一度訪れることはお勧めします :)

 

 

 

ドバイで訪れるべき名所 ~世界一高いブルジュカリーファ~

We in the U.A.E. have no such word as 'impossible'; it does not exist in our lexicon.

Such a word is used by the lazy and the weak, who fear challenges and progress.

                                                                                   -Mohammed bin Rashid Al Maktoum

 

 

私たちアラブ首長国民の辞書に「不可能」という文字はない。

そんな言葉は挑戦と進化を恐れる怠惰な人たちに使われるものなのだから。

 

                ーモハメッド・ビン・ラシッド・アル・マクトウム

 

 

 

アラブ首長国連邦といえばドバイを始めとするお金持ちの人たちが集まる地域として有名です。もちろん金銭的に余裕のある人達は簡単に楽しみを見つけることができますが、バックパッカーや学生には縁のない場所のように感じていませんか?

もし行く機会があるなら、お金がかからないで楽しめるアラブ首長国連邦の楽しみ方を紹介します;)

 

アラブ首長国連邦はとにかくスケールが大きいです。初めてアラブ首長国連邦を訪れた際、地図を見て滞在場所がある駅から2つ目のビルを右に曲がって3つ目のビルだったので徒歩で行こうと試みました。外は50度前後で蒸し暑かったですが、貧乏学生だった私には何のその。。。となるはずでした。笑  

 

この続きは割愛して別の記事に委ねます。笑

 

 

さて本題を戻します。

正直バックパッカーには向かないなと思われるドバイにもやっぱり行くべき場所はあります。それがブルジュカリーファ。世界一高いビルです。2004年1月に着工開始し、2010年に完成しました

 

At the topより

 

 

日本のスカイツリー(634m)は「世界一高いタワー」です。

あえてブルジュカリーファをタワーとしなかったのは優しいアラブ人の計らいですね。

 

この展望台をAT THE TOPといいます。

ここを訪れる際にはポイントがあります。

 

 

1.事前に予約をすること

「Fast Track Ticket」を購入すれば、当日券でも展望台に登ることができますが、当日券の料金は「300ディルハム(≒約1万円)」のため、事前予約した場合と比較して2.4倍で、高額です。予約はインターネットを通して可能でこれがベストですが、最悪現地に先についてしまった場合やWifiが見つからなかった方は、直接At the top の受付まで行き、翌日のチケットを予約しましょう。

 

 

 

 

2.時間に余裕を見て動く

先に述べたようにドバイの建物はとにかく広いのです!ブルジュカリーファはドバイモールとつながっており、電車も「ドバイモール駅」から直結ですが、場所を頭に入れた状態で向かっても駅から1時間近くかかりました。ブルジュカリーファのチケットは時間予約制ですので、時間には余裕を見て上りはじめましょう。

 

 

 

3.予約は朝一か夕方がお勧め!

 

夕方は言わずと知れた、夕焼けが美しく、また気温も少し下がるので昼間に行くよりもずっと快適でしょう。しかし、私がお勧めするのは朝一!なぜなら、ドバイはとっても暑いのです。そして海が近くにあるためせっかくの美しい近未来都市も水蒸気に視界を阻まれてはよく臨めません。せっかくなら旅行の途中で疲れていても早起きして、真っ青な海と空を堪能するのはいかがでしょうか。

 

 

 

おまけですが、この展望台に行くためにはもちろんエレベータを利用します。

 

f:id:s-mic:20170320120127j:plain

エレベータ内

 

 

 

これは本当にカッコイイです!!

秒速10mの速さでいっきに私たちを展望台へいざないます。この技術を可能にしたのは日本の技術のお陰なのです。エレベータそのものではないですが、明倫社という日本のメーカーがエレベータを高速で引き上げる技術を提供しています。陰の仕事であっても自分の国の技術が世界のトップの場所で使われいるのは嬉しいですよね。少し親近感が湧いてしまいます<3笑

 

 

 

値段は多少しますが、事前に予約すればさほど高くなく行けるので、バックパッカーの人もあきらめず、訪れてみてください。

 

 

 

 

アラブの航空会社のお勧めサービスに関してはこちら

 

s-mic.hatenablog.com

 

スイートな誕生日 ~様々な地方のマカロン~

フランス プレゼント ヨーロッパ 世界 旅の豆知識 海外 料理 お菓子

Cakes are special.

Every birthday, every celebration ends with something sweet, a cake, and people remember. It's all about the memories.

 

                     

                                                                                          -Buddy Valastro

 

 

ケーキは特別。

誕生日やお祝いのたびに、甘いものやケーキで終わり、それを覚えているから。

記憶によるものなのだ。

 

                        ーバディー・バラスト

 

 

 

誕生日に妹からマカロンをもらい素敵な一日を始めた私です。

せっかくなので、今回は旅先で見つけたマカロンについてお話したいと思います。

 

 

 

 

 

 

カロンといえば上のようなものを思い浮かべる人が多いのではないのでしょうか。

これは実はパリ式のマカロンで、マカロン・パリジャンと呼ばれています。フランスでは地方によって様々な種類があります。

 

そもそもマカロンはフランスのお菓子だと思われがちですが、発祥地は実はイタリアです。語源は、パスタのマカロニとされています。16世紀にフランス国王アンリ2世に嫁いだ、カトリーヌ・ド・メディシスによってフランスに持ち込まれたと言われています。

1832年、老舗「ダロワイヨ」がマカロンリスと呼ばれる表面がつるっとしていて、アーモンドのクリームをサンドしたものをパリで最初に発売したのが、現在日本の皆さんが一般的に思い浮かべるマカロンの原形とされています。

 

実はフランスには地方によって特有のマカロンがあります。製法は異なりますが、使われている素材は卵白、砂糖、アーモンドでほとんど同じです。

 

例えばロレーヌ地方、ナンシーのマカロン・ド・ナンシーは表面がひびわれたクッキーのような見た目をし、素朴なものです。
実は江戸時代に日本に伝えられたマカロンですが、それはこのマカロン・ド・ナンシーで、マコロンという名前で親しまれたそうです。アーモンドの代わりに、ピーナッツを使用していることが特徴です。

 

他にもココナッツを使ったマカロン・ココがあります。

 

 

アルザス地方を旅している時に筆者が購入したマカロン・ココ

 

 

 

 アルザス地方は白ワインやタルト・フランペ等も有名です。

アルザス地方の名産品に関してはこちら

s-mic.hatenablog.com

 

 

 

話を戻します。

 

ボルドー近郊の世界遺産の街サンテミリオンでは平らな形でひび割れたマカロン・ド・サンテミリオンが有名です。良質なワインで知られるこの街で作られるマカロンには、甘口のワインが使用されているそうです。

 

北フランスピカルディー地方、アミアンのマカロン・ド・ダミアンは、クッキーのような生地にハチミツを加えて作られるため、ねっとり、しっとりとした食感が特徴。
その他にも、ポワトゥー・シャラント地方のマカロン・ド・モンモリオンなど、フランスには地方ごとに個性豊かなマカロンがあります。

 

 

カロンにも様々な種類があることはあまり知られていないですが、フランスを旅する際は是非ローカルフードとして挑戦してみてください ;)<3

私が翻訳を始めた理由 ~パート1~

ブログ ライフハック ライフワークバランス

 

 

 Limits exist only in your mind.

 

                                     

                                                                                            -J

 

 

限界は君の頭の中にだけ存在する

 

                                                                                                     

                                                                                           -J

                                                                                                

                           

 

 

仕事をしながら休日は翻訳学校で日英、英日の翻訳を学んでいます。

ですが、この春には私の人生にも新たな展開があります。

実は今年度 で現職を退職し、オーストラリアにワーキング・ホリディに1年行ってきます。

 

これには理由があります。

私が翻訳の勉強を始めようと思ったのは半年ほど前のことです。

現在の仕事に危機感を覚えて、転職を考えていました。転職活動をする中で、何がしたいのか、どんな技能が必要なのかを考えていました。

 

しかし結局のところ、20代前半の若輩者の私には「何なりたいのか」なんて分かりませんでした。

そこで仕事、職業という小さな枠組みではなく「どうなりたいのか」という理想の状態を考え始めました。

 

こんな風に

 

〈必要な状態〉

→好きな時に好きな場所にいられる

→安定した収入があること

→挑戦したいものに挑戦できる

→好きな人、大切な人との時間を過ごせる                                   ...etc

 

 

〈必要なものの選択肢〉

不労所得(働かずして得られるお金)

→場所を選ばずに働ける技能

→将来AI(人工知能)にとって代わられない仕事をするための技能         ...etc

 

 

これだけ見るとただのわがままなように思える人もいるかもしれません。

しかし、実際にこうした状態を手にしている人世の中に存在しているのです。

こういったものを手にしている人はどのようにそれをつかみ取ったのでしょうか。

答えは無数にあるはずですが、私なりに考えてみました。

 

 

例えば不労所得や投資でいえばニューヨークタイムズのベストセラーで「金持ち父さん、貧乏父さん」が代表作のロバート・キヨサキも有名ですね。

 

 

金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さん

 

 

 

ロバート・キヨサキについて書いた過去の記事

s-mic.hatenablog.com

 

 

 

しかし、私には投資やビジネスはギャンブルのような運を試すものではなくお金について学ぶことなんだと言われても、それが良いものだと知っていても、すぐにそこに飛びつく自信はありませんでした。

 

では、「不労」ではなく「安定した働き方」とは何でしょうか。

それは専門技術です。

世界中どこでも働ける仕事。日系企業でよくあるその企業内だけで使える「専門性」はその会社が無くなった時今まで培われた知識は無になってしまいます。

そんなことは縁起でもないと考える人も多いでしょう。

しかし、リーマンショック後やギリシャ危機さなか学生で旅をしていた私にとって、就職先が自国に無く名門大学や大学院で高い教育を受けてきたにも関わらず、海外へ出て働き口を探す欧米出身の友人たちの姿はとても他人事ではありませんでした。

そして結局のところ彼らを救ったの大きな資本を保有する企業ではなく、彼らの技能でした。

 

ではどんな技術を身に着ければ良いのでしょうか。

いくら技能を身に着けたところで、将来機械や人工知能にとって代わられるのであれば意味はありません。

機械や人工知能の得意分野は記憶とパターン化可能なものです。

逆に苦手なことは新たなものを生み出すことです。

つまり、それらに創造することは出来ないのです。

 

「創造」すること自分を将来楽にするより良い「投資」とはいったいどういったものなのでしょうか。これは次回以降の記事で紹介したいと思います。

 

 

自由を望むことが「我がまま」や「怠け者」「アウトロー」としてではなく1つの選択として認識してもらえれば、そしてその選択がみなさんのより豊かな人生の助けになれば幸いです。

 

 

 

 

金は無い!でも訪れるべきアブダビのシェイク・ザイード・グランド・モスク

アラブ首長国連邦 世界 中東 旅の豆知識 海外

 

We in the U.A.E. have no such word as 'impossible'; it does not exist in our lexicon.

Such a word is used by the lazy and the weak, who fear challenges and progress.

 

                                                                                   -Mohammed bin Rashid Al Maktoum

 

 

 

私たちアラブ首長国民の辞書に「不可能」という文字はない。

そんな言葉は挑戦と進化を恐れる怠惰な人たちに使われるものなのだから。

 

 

                ーモハメッド・ビン・ラシッド・アル・マクトウム

 

 

 

 

アラブ首長国連邦といえばドバイを始めとするお金持ちの人たちが集まる地域として有名です。もちろん金銭的に余裕のある人達は簡単に楽しみを見つけることができますが、バックパッカーや学生には縁のない場所のように感じていませんか?

もし行く機会があるなら、お金がかからないで楽しめるアラブ首長国連邦の楽しみ方を紹介します;)今回はアブダビのシェイク・ザイード・グランド・モスクです。 

 

 

また、国で観光に力を入れているアラブ首長国連邦ならではのアブダビからドバイへの無料送迎サービスがある航空会社もありますので使える方は是非利用してみてください。

 

 

s-mic.hatenablog.com

 

 

 

シェイク・ザイード・グランド・モスク

 

横から撮影 

 

 

アブダビにある世界で6番目に大きなモスクです。 4万人の参拝者を収容することができます。82個のドーム、1,000本以上の円柱、24金メッキのシャンデリアと手織りの世界最大のペルシャ絨毯が用いられています。礼拝堂本堂の世界最大のシャンデリアはスワロフスクーで作られ直径10メートル、高さ15メートル、重量9トン以上といわれています。

 

 

 

 

世界最大のペルシャ絨毯

 

 

 

 

世界最大のスワロフスキーシャンデリア

 

 

 

 

白を基調とし、床には大理石がふんだんに用いられています。これは暑いアラブ首長国連邦の夏であっても冷たい温度を保ってくれるためだそうです。

 

敷地内の通路

 

 

 

シェイク・ザイードとは、UAE建国の父ザイード・ビン・スルタン・アル・ナヒヤン(1918~2004没)のことです。彼の名によって、総工費約20億ディルハム(当時のレートでおよそ550億円)で造られました。彼自身はその完成を見ずして亡くなってしまいました。そのため、モスクの完成後最初に行われた式典は彼の葬儀でした。

 

 

 

歴史は浅いですが、伝統と近代的な建築技術を調和させたモスクは近代的な魅力の溢れるアラブ首長国連邦ならではの美しさ見せてくれます。

ここはトイレまで美しいので是非訪れでみてください。

 

 

 

女子トイレの一部(手や足を洗う場所)

 

 

 

 

 

シェイク・ザイード・グランド・モスク(Sheikh Zayed Grand Mosque)
〈住所〉Sheikh Rashid Bin Saeed St., Abu Dhabi
〈時間〉9:00~22:00(金曜は16:30~)。ラマダン期間中は9:00~14:00 ※お祈り時間は異教徒の入館規制があります。
〈休館日〉ラマダン期間中の金曜、イードアルフィトル初日、イードアルハドハー期間中
〈入場料〉無料

〈無料ツアー〉

日曜~木曜:10時、11時、17時

金曜:17時、19時

土曜:10時、11時、14時、 17時、19時

世界トップクラス!アラブの空のおもてなし<3

カタール アラブ首長国連邦 航空会社 ライフハック 世界 中東 旅の豆知識 海外 航空券

 

Go up in an airplane.

Go high enough, and it's like we don't even exist.

 

 

                                                                                                        -Muhammad Ali

 

 

 

飛行機に乗って飛び立とう。

もはや自分が存在していないというくらい高くまで。

 

                            

                           -モハメド・アリ

 

 

 

 

 

 

せっかくなら快適で素敵な旅がしたい!

と思う人も多いのではないでしょうか。

 

今回は、アラブの航空会社のおもてなしのおすすめの利用方法を紹介します ;)

アラブといばおもてなし(Hospitality)で有名です。これは航空会社でもどうやら生きているようです。

 

 

アラブの航空会社で有名なのは下記3社

 

 

1.エミレーツ航空

2.カタール航空

3.エティハド航空

 

各社の機内サービスはとても充実しています。映画や音楽等のエンターテインメントが充実しているだけでなく、全ての人が満足のいく ホスピタリティー/サービスを受けられるようになっています。例えば、食事はアレルギーのある人に配慮したものだけでなく、宗教や信条によって制限のある人も不便ないようになっています。あなたがもしヒンドゥー教徒ユダヤ教徒、ローまたはノーカーボン、ビーガンといった信条があっても事前にオーダーすれば何の問題もありません。また、スタッフも様々な国から集まっており、1便に10か国語程度(常時メジャー言語や就航地域の言語など)流暢に話すスタッフが集まっています。

 

 

では、さらにそれぞれの特徴的なサービスをみていきましょう。

 

 

 

1.エミレーツ航空

 

ドバイをベースにするエミレーツを利用すればストップオーバー(乗り継ぎの間の滞在)を楽しむことができます。また、スカイトラックス社(航空サービスリサーチ会社)では常に高評価の5つ星です<3

 

 

 

ブルジュ・カリーファ(世界一高いビル)の展望台より

 

 

 

 

 

 

 2.カタール航空

カタール航空のここがすごい!まず、飛行機がすごい!窓のブラインドが無いんです。普通飛行機の窓には上から下に下すブラインドが付いていますよね。これが見当たらないんです。代わりにボタンが付いていてそれを押すと、変哲も無い透明な窓がなんと紫色に!これを複数回押すことで徐々に色が濃くなりブラインドに成るんです。自社の色に窓を染めるなんてオシャレですね<3

 

続いてオフィシャルホームページには掲載されていない朗報です!カタール航空の利用者でドーハ経由のストップオーヴァーが長時間に及ぶ場合無料のシティーツアーが楽しめます。約2時間ではありますが、無料でアラブの世界を垣間見れるのはなんとも贅沢ぜひお勧めします<3

 

行くのは有名な

1.建築家の建てた美術館(中へ立ち寄り行きません)とホタテのサイン

2.アラブ文化の美術館群

3.ヨットハーバー

4.現地伝統様式を再現したローカルマーケット

です。

 

なんとも豪華!ただし、参加できる人数には限りがあるのでお早目に!

 

 

 

 ドーハの歴史美術館

 

 

これに参加するにはドーハの空港内中心の下の黄色のクマ

 

f:id:s-mic:20170218190529j:plain

 

これを正面に見た時の右手にあるブース(下)

 

f:id:s-mic:20170218191424j:plain

 

また、カタール航空は長時間乗り継ぎがある人に対して無料でホテルに滞在できるサービスを提供しています。条件は下記の通りです。

 

  1. 8時間以内の乗り継ぎ便が運航していない場合。
  2. 乗り継ぎ時間が8時間以上、24時間以内の場合。
  3. アブダビ(AUH)、バーレーン(BAH)、ドバイ(DXB / DWC)、クウェート (KWI)、マスカット(MCT)、ラアス アル ハイマ(RKT)およびシャルジャ(SHJ)発着便を含まない旅程。



                           ーカタール航空HPより

 

 

 

 

 

 

3. エティハド航空

 

1のエミレーツと同じアラブ首長国連邦の国営航空会社。こちらはドバイではなくアブダビの航空会社です。こちらもホームページには無い楽しみ方があるんです。

この航空会社を利用する人でアブダビで乗り継ぎがある人はドバイまで無料のシャトルバスがあるんです。タクシーでこれを移動すると片道5,000円~8,000円と言われるのでかなりお得ですね。      

 

ただこれには欠点もあって4時間に1本だけなんです。そのため乗り遅れると4時間待たなくてはいけないんです。空港から出て右手すぐですが、掲示等はないです。現地で確認してください。帰りは、着いた場所から帰りのバスが出ているので、そこを離れる前に、自分が帰ろうとしている時間のバスがあるかをスタッフに聞くのを忘れずに ;)

 

そうはいっても、アブダビにも見どころはあります。例えばシェイク・ザイード・グランド・モスクもその一つ。是非お立ち寄りください。

 

シェイク・ザイード・グランド・モスク

 

 

 

 

シェイク・ザイード・グランド・モスクについて別の記事で紹介しています。

 

s-mic.hatenablog.com

 

 

 

ロシアのビザ ~通過ビザ~

おススメ ヨーロッパ ライフハック ロシア 世界 旅の豆知識 東欧 海外 航空券 ジョージア

ロシアに行く人もしくは乗り換え(トランスファー)で立ち寄る人はぜひ知っていてほしい情報です!

 

 

日本人であればロシアに行く際はビザが必要です。

日本の国籍を持っている人であればほとんどの国でビザは必要ありませんが、ロシアは必要です。これは滞在する人だけでなく、ロシアで飛行機を乗り換える人も同様です。

 なぜなら、ロシアを通過する人は必ず、モスクワのシェレメーチエヴォ国際空港へ立ち寄ります。この空港で飛行機を乗り換える場合、一度ロシアへ入国しなければならないためです。そのため、乗り換えの時間にもご注意を!大抵の空港では乗り換え時間を1時間半や2時間で良しとすることが多いですが、ここの場合はもう少しかかります。観光のオフシーズン、祝日を除く日でも4時間程度は乗り換えの時間があると良いでしょう。

 

 

ロシアのビザに関する公式ページ

www.russia-emb.jp

 

 

繰り返しになりますが、ロシアを訪れる際は下記が前提です。

 

  1. ロシアに行く際は、乗り換えであってもビザが必要である
  2. ビザを取得するために本人もしくは代理人(代理店に依頼可)が大使館もしくは領事館に申請に行く必要がある

 

 

 

 そして、ビザは5種類あります。

 

①観光ビザ

②業務ビザ、文化交流ビザ、個別の事案の取材活動に従事する報道関係者のビザ、姉妹都市の間の公式の交流計画に参加する者及びその他2013年10月30日からの露日査証簡素化協定の発効により申請等が簡素化されたカテゴリーのビザ

③通過ビザ

④訪問ビザ(個人招待ビザ)

⑤緊急事態のビザ

 

 

こうみると、ちょっと訪れるだけなら①の観光ビザでいいじゃないかと思う人も多いのはないでしょうか。

 

他の国であればこれで大抵通ってしまいますが、ロシアの場合は少し複雑です。

 

 

公式ホームページで観光ビザの項目をみると

 

  • 旅行者(特に個人旅行者)は、上記の書類のほかに旅行会社が発行する旅行確認書(ファックスコピー可)が必要となります。
  • 確認書は、ロシア連邦観光省による登録(旅行リファレンス番号)のある受入れ先の情報が記載される書類で(見本-「外国人旅行者受け入れ確認書」)、受入れ先の責任者の署名および社印がなければなりません。さらに、旅行会社が発行するバウチャーのコピーを提出していただきます。

    *バウチャーには下記の情報がなければなりません 

 

       ・旅行者のデータ(氏名、生年月日、パスポート番号)

       ・ロシア入国日および出国日

       ・観光ルート、移動手段、宿泊場所、観光プログラム
       ・旅行会社の署名と印
       ・支払済み証明
       ・ロシアの受入れ旅行会社名とその旅行レファレンス番号。

 

・シングル、ダブルにかかわらず、複数の会社に観光サービスを依頼している場合、それぞれの会社からの書類が必要となります。

 

 

とあり、なかなかやっかいな様子です。

もちろんロシアも例に漏れず抜け穴はあります。バックパッカーで行く人で行先を決めたくない人はよくインターネット上の旅行代理店に依頼し架空の旅行プランを提出してもらったり、語学学校等に申し込む形で行くなどの王道な方法はよく使われます。

 

ただ、私のように友人がいて、泊まる場所はあるうえに、遠方(日本)からわざわざ行くのに下手な手続きのせいで入国拒否にあったりしたら嫌だなと思う人には③の「通過ビザ」という選択肢があります。

 

これであれば招待ビザのように友人に負担をかけることなく、また気兼ねなく好きな場所に泊まって旅行することが可能です。

ただし、これには以下の条件があります。

 

通過ビザは、日本からロシアを経由して第3国に渡航する場合にのみ申請が受けられます。この場合、ロシア滞在可能時間は3日間以内に制限されています。通過ビザの申請には下記書類の提出が必要です。

    ・通過旅行用の渡航書類(航空券など)の原本またはコピー、あるいは航空

      会社、船舶会社などが認証した予約済み確認書類
    ・第3国への入国ビザ(渡航者がビザを必要とする国に渡航する場合)

 

 

注意すべき点は3日以内と滞在時間が決まっている点です!

ただし、これはロシア領事館に問い合わせたところ「1回につき」という意味だそうです。

 

そのため、私の場合は以前

 

 

ロシア(3日)

ジョージア(7日)

ロシア(3日)

 

 

という日程で旅行しました。

上記の場合はハードスケジュールでしたが、これを例えば、隣国に出かけるようにすればこれも大変ではないですね。

 

さらに朗報です。ここで言われている3日(72時間)とはロシア内で到着後すぐ航空便で移動ある場合、後者の目的地についてから72時間という意味なのです。

つまり、私の場合ロシア(モスクワ)にまず到着しますが、次の目的地(サンクトペテルブルグ)までは空港すら出ません。(実際はでることも可能ですが)

ロシア内での目的地はあくまでサンクトペテルブルグです。そして、書類上(もっとも実際に訪れましたが)の最終目的地はジョージアでした。

 

 

チケットの購入形式

 

エアロフロートでサンクトペテルブルグへ (途中モスクワで乗り換え;ビザ査証)

サンクトペテルブルグ

(3日後)ジョージアへ (サンクトペテルブルグより)

 

 

という流れですが、この場合、72時間のカウントは、モスクワのパスポートコントロールを通過した時点ではなく、サンクトペテルブルグに到着した時点から、そこから出発した時点でよいのです。

そのため、モスクワでの乗り換えの時間を気にする必要はありません。

(ただし、過度に長い時間の乗り換えはおススメしませんが。。。)

これをジョージアからロシアへ帰ってきた時も繰り返せば、合計6日滞在可能です。

また、これを複数回繰り返すことも問題無いそうです。(繰り返しになりますが、過度に繰り返せば怪しいとされててしまう可能性も否めませんのでご注意を)

 

1週間程度あれば1つの都市は十分だという人、お金の無いバックパッカーさん、学生さん達にはお勧めの使い方です。

事前に記入しておくべき書類や準備しておくべき写真等はありますが、 書類さえしっかり整っていれば、申請は簡単に済みます。気を負わずに試してみてください。

ただし、混むので六本木の大使館へのビザ申請、受け取りは朝一で行くことをお勧めします。 

 

 

 

 

 エルミタージュ美術館サンクトペテルブルグ、ロシア