読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

運命の出会い ~あなたが来ることはずっと前から知っていた気がするの:後編~

アイスランド ジョージア ヨーロッパ ロシア 世界 旅物語 東欧 海外

 

Fate decides who comes into for life,

your heart decides who stays.

 

 

                                                                                             - unknown

 

 

 

運命が誰と出会うかを決め、

あなたの心が一緒にいたい人を選ぶ

 

 

                        -作者不明

 

 

 

 

前回は旅の中で運命と出会う話の前の話をしました。

 

s-mic.hatenablog.com

 

 

 

 

今回はロシアとジョージアでの運命の出会いです。

 

ビザを受け取ったその足でロシアに向かいました。

 

サンクトペテルブルクで2日半過ごしました。

その最後の日のことです。

 

トラム(路面電車)に乗っていると友人Bが突然言い出しました。

 

「そういえばこの光景前にも見た気がする。MICとここにこうやっている光景を見た気がする。夢で。なんていうんだっけ。。。」

 

 

というので

 

「デジャヴュ?」

 

と聞くと

 

「そう!デジャヴュ。でも、昨日とか1週間前のことじゃないの。半年とか1年前のことなの。」

 

 

と彼女はいいました。

 

????

 

私と彼女が出会ったのは、アイスランド、1か月ほど前の話です。

そして、私がアイスランドへ行くことを決めたのは2カ月ちょっと前、ロシアへ行くことを決めたのは1週間ちょっと前のことです。

 

私は驚いて、「私と出会う前に?アイスランドで初めて会った時から、私を知っていたの?」と聞くと、聞くと

 

思い出すように右斜め下を見て、

 

「うん。知ってた。」

 

とゆっくり言いました。

彼女はいわゆる”不思議ちゃん”タイプではなかったので、

私は驚きというより、感銘のいうべきでしょうか。

少し圧倒されたまま、ガタゴトと大きな音をたてて走るロシアのトラムに揺られていました。

 

 

それからジョージに向かいました。

 

ジョージアに着いて4日目、現地の友人たちとグダウリというジョージア有数のスキー場に行くことになりました。

 

ところが、この日温かったので雪の状態はあまり良くありませんでした。

スキー上手な友人たちの判断で私はその時ケガをしていて滑れない友人Lとスキー場の近くのカフェで休んでいることにしました。

 

バルコニーで日光浴を楽しんだあと、別の席に移りました。

 

すると、しばらくしてLがおもむろに言い出しました。

 

 

「そういえばこの光景前にも見た気がする。MICとここにこうやっている光景を見た気がする。夢で。なんていうんだっけ。。。」

 

というので

 

「デジャヴュ?」

 

と今度はおかしくなって少し笑ながら聞くと

 

「そう!デジャヴュ。でも、昨日とか1週間前のことじゃないの。半年とか1年前のことなの。」

 

 

と彼女はいいました。

 

????

 

このセリフどこかで聞いたな。。。

この言葉はロシア人の友人Bが言った言葉そのものでした。

 

友人B彼女もいわゆる”不思議ちゃん”ではありません。

もちろん、この2人は赤の他人で打ち合わせなどあるはずもありません。

おかしいやら、嬉しいやらで私は笑い止まりませんでした。

 

 

なぜなら、これは学生最後の旅で、私にとって今までやってきたこと集大成の旅でもありました。と、同時に今まで私がやってきたことはあれで良かったのだろうか、と人生の岐路に立つ中で漠然と考えていたのでした。これが一瞬で2人の言葉で一気に吹き飛ばされ、肯定された瞬間でした。なぜなら、彼女たちとは”今までやったこの”の中で出会った人達だからです。

 

 

私が旅に出たことはもしかした、偶然と直感のせいかもしれません。

でも、こういった運命ともとれる出来事の連続で私は自分の運命を信じてみようと思えるようになりました。

 

大切なことは、日々出会う「運命」を見逃さずに掴んでいくことなのかもしれないですね。

 

 

 

 

グダウリのスキー場、ジョージア 

 

 

運命の出会い ~あなたが来ることはずっと前から知っていた気がするの:前編~

ジョージア イタリア アイスランド スロベニア トルコ デンマーク ロシア 世界 北欧 旅物語 東欧 海外

 

Fate decides who comes into for life,

your heart decides who stays.

 

 

                                                                                             - unknown

 

 

 

運命が誰と出会うかを決め、

あなたの心が一緒にいたい人を選ぶ

 

 

                        -作者不明

 

 

 

 

 

旅をしていると、不思議なことや運命的なことによく出会います。

私にも不思議な経験は多々あります。

 

その一つにこんなことがありました。

 

学生だったある冬、アイスランンドに国際ワークキャンプで2週間写真を勉強しに行く事を決めました。ただそれだけではもったいないので、行くつかの国にバックパッカーで立ち寄りました。

 

 

s-mic.hatenablog.com

 

 

 

日本

イタリア

スロベニア

トルコ

デンマーク

アイスランド

デンマーク

日本

 

 

という旅程でした。アイスランドのプログラムに参加を決めたの見つけた日当日申し込みをして1週間後参加が認められたので、その3日後に出ることにしました。

ここまで、10日間のスピード計画、というより計画無しです。笑

 

アイスランドには日本を出てから1カ月後に到着する予定でした。

ここで私はロシア人のBと出会いました。彼女はロシアのこと、彼女の住むサンクトペテルブルグについて話してくれました。あっという間に2週間は過ぎ、このプログラムは一生の思い出と言えるほど良い経験となりました。

 

旅も終わり、日本に帰って自分の銀行口座をみると、まだお金が残っていました。日本で用事を済ませた私にはまだ3週間ほど時間がることに気づきました。

 

ここでどこかに行かない理由はない!と次の計画を始めました。

ふと、フェイスブックを見ると、サンクトペテルブルクの写真が出てきました。

そこで、あっ!とひらめきました。ここへ行こう!

 

早速、Bに連絡をとると、Bは予定は空けられるといいます。

しかも、泊まってもいいとのこと。

となるとここに行くしかない!笑

 

早速、格安チケットをインターネットで探します。

 

 

 

s-mic.hatenablog.com

 

 

と、ちょっと待って、そういえばロシアはビザいるよね?と調べていみるとやっぱり必要でした。

これからビザの取得の仕方に翻弄しました。これに関してはまた、別の記事で紹介します。そんなこんなで私は「transfer visa」と呼ばれるビザを利用しました。このビザでは最終目的地をロシアにすることはできません。つまり、もう1か国行く必要があるのです。どうしたものかと考え始めます。

 

すると、フェイスブックのメッセージでジョージアの友人のお母さんOから連絡が来ました。

 

「元気?何してるの?」

 

と、いつもの挨拶です。

これに私は

 

「ロシアに行くんだけど、もう一つどこかに行こうと思って考えているところ。」

 

と答えると、

 

「またジョージアにいらっしゃいよ。みんな待ってるから。」

 

とOは言います。

 

うーん。そう言われると急に大好きなジョージアに行きたくなってしまう私です。笑

 

 

これで行く場所は決まりました。

これから私の「運命」が待ち受けているということは知らずに...

 

次回は現地ロシアとジョージアでの話をお話しします。

 

                    

                       

ロシアのお袋の味 ~ボルシチ:本格レシピつき~

ウクライナ ヨーロッパ レシピ ロシア 世界 料理 海外

 

 

Borscht is more than a soup, it's a weather vane. When my family says they want hot borscht I know winter is coming, and when they want cold borscht I know how far can spring be behind?

 

 

                           -Gertrude Berg

 

 

 

 

ボルシチはただのスープではない。風見のようなものだ。

家族が温かいボルシチを欲する時、冬の訪れを知り、

冷たいボルシチを欲する時は春が訪れがどれほど先のことか知るのだ。

 

 

                         

                     ーゲルトルード・ベルグ

 

 

 

 

前回は簡単にボルシチを美味しく食べれる商品とレシピを紹介しました。

 

s-mic.hatenablog.com

 

 

 

 

今回はロシア人の友人から教わったレシピを紹介したいと思います。

私も友人料理人でもなんでもない。ただの一般人です。

材料味の好みの違いはご容赦ください。ご自身で料理される際の参考になれば嬉しいです。

 

 

ボルシチ ~スープ皿で6食分程度~

 

〈材料〉

・ビーツ・・・2個

・牛肉(豚肉でもOK)・・・150g

・キャベツ・・・8分の1

・ニンジン・・・1本

・玉ねぎ・・・半分

・ニンニク・・・2カケ

・ローレル・・・2、3枚

・塩・・・少々(大さじ1杯程度)

・水・・・2L

・牛乳・・・お好みで(200m程度、その分水を減らしてもいいです)

・黒コショウ・・・お好みで

・サワークリーム・・・お好みの量(必要です。50mlあれば良いでしょう)

・ディール・・・お好みで(あった方が良いです)

・パセリ・・・お好みで(あれば良いです)

 

 

 

 

〈作り方〉

  1. お鍋に水とローレル、牛肉(豚肉)と塩を少々入れて煮込みます。これでスープのベースとします。
  2. その間に、キャベツを切ります。細かく、千切りとは言わないまでも、5ミリ程度の厚さ、もしくは3㎝の正方形に切っても大丈夫です。これを鍋に加えて5分程煮込みます。
  3. 皮を剥いたニンジンをクッキングカッターで細かくなるようにする。これをフライパンで少々炒めてから、鍋に足す。
  4. ビーツもニンジンと同様に皮を剥いて、クッキングカッターで細かくしたあと、フライパンで炒めて、鍋に足す。
  5. ニンニクは皮を剥いてをつぶして足す。
  6. 玉ねぎを細切りにして、足す。
  7. 黒コショウをお好みでたしてください。
  8. これで、20分~30分煮込みます。(ボルシチには好みの材料を入れていただいて結構です。牛乳もここでいれるといいでしょう。すべて入れたら20~30分煮込みます。)
  9. この間にディールやパセリを刻んでおきます。
  10. 煮込み終わったら、スープをよそって、サワークリーム、ディール、パセリをお好みでよそります。個人的には、サワークリーム絶対必要でたっぷりあったほうがいいです。ディールもあった方がいいでしょう。パセリはあれば使ったほうがいいと思います。

 

 

 

 

いかがでしたか? 私も作るときは味をみながら、材料調整していますので、上のレシピで作るときは、ぜひ自分なりにアレンジしてみてください。

ボルシチにルールはありません。笑
これからも、お気に入りのレシピを紹介していきますので、みなさんも挑戦してみてください。

 

 

 

 

 

 

f:id:s-mic:20170107185316j:plain

 

 

 

 

 

 

ロシアのお袋の味 ~ボルシチ:簡単やみつきレシピつき~

おススメ ヨーロッパ ライフハック ロシア 世界 料理 東欧 海外 ウクライナ レシピ

 

Borscht is more than a soup, it's a weather vane. When my family says they want hot borscht I know winter is coming, and when they want cold borscht I know how far can spring be behind?

 

 

                                                                                                                  -Gertrude Berg

 

 

 

 

ボルシチはただのスープではない。風見のようなものだ。

家族が温かいボルシチを欲する時、冬の訪れを知り、

冷たいボルシチを欲する時は春が訪れがどれほど先のことか知るのだ。

 

 

                         

                           ーゲルトルード・ベルグ

 

 

 

ビーツを使った紫の色鮮やかなスープボルシチはロシア料理として有名ですが、実はウクライナの伝統料理です。笑

いわゆる旧ソ連の地域、ベラルーシポーランドモルドバラトビアリトアニアルーマニアを始めとする地域でもよく親しまれています。それぞれの地域、各家庭にはオリジナルの味付けがあります。日本でいうお味噌汁や肉じゃがのような料理だといえるでしょう。

ロシアでは、「ボルシチが上手く作れたら、結婚できる」と言われるほど、家庭を代表する味なのです。そのため、以前3人のロシア人の女友達にボルシチのレシピを聞くと、終始あーでもない、こーでもないと一番いいものは誰のものかもめながら、書き上げた程でした。笑

 

そんなボルシチが冬にはどうしても恋しくなってしまう私は、今年はちょっとずるをして作ることにしました。

 

 

 

 

 

 

これがとっても便利です。自分で作るとどうしても材料費が高くつくだけでなく、時間がかかるこのスープがあっという間にできあがります。スープカップで5~6杯分です。

 

材料

ボルシチの瓶(濃縮)

・水と牛乳(上記の濃縮ボルシチと同じ量)

・牛肉(もも) 100g (1瓶の場合)

・サワークリーム...お好みの量

・ディール...お好みの量(見た目に良い程度)

 

 

作り方

①牛肉を1㎝程度の厚さに切って焼く

②その間に水と牛乳を足して、スープをお鍋で温めておく

③牛肉をスープに足したら、5分煮込む(焼いたときの肉汁も入れるのがおススメです。)

④スープカップによそって、サワークリームとディールをお好みで盛り付ければ出来上がり。

 

 

もはやレシピと言っていいか分かりませんが、とっても簡単で美味しかったのでおススメです。ちなみに、今回紹介した濃縮されたボルシチラトビアが原産でした。笑

 

 

時短で美味しい、お得な濃縮ボルシチがオススメです💖

 

 

 

本格的に作りたい人のために、次回はロシア人の友人に教えてもらったレシピもお伝えします ;)<3

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事を探すあなたへ ~パート1~

おススメ ライフハック ライフワークバランス 視点

 

 It is better to live a balanced life,

making time for a satisfying social life and pursuing interesting activities outside of work.

 

 

                                                                                                                         - Ted Zeff

 

 

ライフワークバランスのとれた人生を送る方がいい。

満足のいくソーシャルライフの時間を作り、仕事から離れたおもしろい活動にお金を費やすほうが良い。

 

 

                               ーテッド・ゼフ

 

 

 

 

 

これから働き始める人、新たに仕事を探す人の一つの視点になれば幸いです。

 

 

仕事をしながら休日は翻訳学校で日英、英日の翻訳を学んでいます。

翻訳を学ぼうと思ったきっかけは転職を考えたことでした。

 

社会人になり、金融機関の事務職として働く中で、「自分の技能がある金融機関内でしか役に立たない」とても不安定なものであると自覚したこと。また、それが今後機械がとって代われるものであることに危機感を感じました。

 

新しい仕事の可能性を模索する中で気づきがありました。

学生時代に就職活動をしていた時は

①安定した(大)企業

②少なくとも3年はやっていけること環境がある

③やりがいがあること(その仕事の社会的意義を理解する)

等が重視されているよう思いました。

 

もちろん生活の安定やその仕事がどう社会と結びついているかを知ることは大切なだと思います。

しかし、それはたった一度の人生で平凡に生きるため、そして企業という社会に経済的な安定を依存し安心をいるために、長時間の労働やわざわざラッシュアワーの電車に乗るのに足る理由にはなりませんでした。

むしろ、リーマンのように世界的に大きな金融機関が破たんしたり、ヨーロッパの国々が財政危機におちいる世の中で、安定とは「企業」そのものではなく、働き手の技能そのものにあるように思えます。

 

では、どのような技能を手に入れれば良いのでしょう。

「蓄積される技能」を身に着けることは一つの案かもしれません。

すぐに、移り変わる業界、例えばIT業界ではその技能を常に更新し続ける必要があるかもしれません。

さらに、もう一つ考慮しなければならない点として、機械にとって代わられる分野の仕事、例えば一般事務職やドライバーなどは一層厳しい競争にさらされるということです。

 

 この様子を経済学のゲーム理論に木暮太一氏は例えています。

 

僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? (星海社新書)

僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? (星海社新書)

 

 

 

 労働経済学を学生時代学んでいた際に重宝した本の一つです。

とても読みやすいのでおススメです。就活生は是非一度読んでみてください。

 

 

学んだものが将来に渡って生かされていく仕事や技能はきっとこれからの時代でも役に立つことでしょう。

 

 

アツーい箱根を最大限に楽しもう!

おススメ お正月 日本 イベント

When your legs are tired, run with your heart.

 

                                                                                           - unknown

 

 

 

 

足が疲れたのなら、気合で走れ。

 

 

 

                       -作者不明

 

 

 

 

今年も箱根駅伝始まりましたね。
私の母校も毎年健闘をみせてくれるので、やっぱり今年も見ちゃいます<3

今年も優勝してくれるかな :)

 

 

以前、箱根駅伝に感化されて翌日に箱根まで行ってきたことがあります。

今 同じことをしている人もいるのでは?せっかくなら箱根を楽しんできてください。

そのヒントになれば幸いです :)

 

 

 

 

 

この景色の目の前カフェがあります。名前は”Bakery and Table 箱根”。

 

アクセス

箱根登山鉄道 小涌谷駅(4.9km)

・バス停からのアクセス 箱根登山バス H01 元箱根港 徒歩2分

箱根登山バス H01 元箱根 徒歩2分

 

住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根御殿9-1
営業時間:8:30~18:00(L.O.17:00)
定休日:無し
電話:050-5788-2841

 

とっても素敵なところなのでおススメです。

1階は名前のとおりパン屋さんです。そのパン屋で買った美味しいパン達を絶景の見える2階で食べることができます。お正月から富士山でエネルギーチャージするのもいいですね。

 


この光景を正面にして左手に進むと、関所やその中にはビューポイントもありますので
お時間が許す方は行ってみてください。

 

 

【関所】

 

f:id:s-mic:20170102095415j:plain

 

アクセス

〈電車・バス〉
小田原駅箱根湯本駅より「箱根町行」バス利用
小田原駅より約55分、箱根湯本駅より約40分
箱根関所跡下車徒歩2分
〈車〉
小田原厚木道路小田原西ICより箱根新道を経由し約40分
東名御殿場ICより車で50分 / 国道1号三島より車で40分
※専用駐車場は無いので、近隣の駐車場をご利用下さい。
〈船〉
箱根町港より徒歩5分 / 箱根関所跡港より徒歩2分

開館時間9:00~17:00(12月~2月は16:30まで)

※入場は閉館の30分前まで

 

料金

大人 500円(フリーパス、65歳以上 400円)
小人 250円(フリーパス 150円)

※土・日曜日及び祝日は一般の小・中学生無料
※団体料金ありあります。

 

 

 

 

中は少し昔の様子がわかる展示があります。

でも私は自然のビューポイントの方が好きです。 やっぱり、古くから自然を大切にしてきた日本人、ひいては東アジア人だからでしょうかね。笑

 

 

 

f:id:s-mic:20170102095749j:plain

 ビューポイントからの富士山

 

 

 

 

f:id:s-mic:20170102095851j:plain

ビューポイントの階段上から

 

 

 

最後は「箱根駅伝ミュージアム

小さなミュージアムですが、箱根駅伝の歴史が詰まった、ファン必見のミュージアムです。

 

 

アクセス

箱根駅伝往路ゴール・復路スタート地点の目の前

〒250-0521  神奈川県足柄下郡箱根町箱根167

 

開館時間
・平日
10:00~16:30
・土日祝
9:30~17:00
※12月31日(土)~1月3日(火)は9:30~17:00
共に入館は閉館の30分前まで。年中無休。


入場料
・大人500円 (団体:15人以上:400円)
・中学生/小学生300円 (団体:15人以上:200円)

 

 

 

 

お土産はビールでいかがでしょう。

 

 

 

 

ビールがあまり好きでない私もついお土産に買ってしまった一品。
特にOBOGは必見の箱根駅伝応援ビールもあります。

 

 

 

 

 

 

 

走っている選手はもちろん、応援に行く人も箱根に悔いを残さないよう楽しんでください ;) 

 

トルコのみんなでわいわい結婚式 ~披露宴~

お祝い ジョージア トルコ ヨーロッパ 世界 東欧 海外 結婚 結婚式

 

 

hep beraber        

    

                                               ‐turish cliche

 

 

 

みんな一緒に    

 

 

                        -トルコのクリシェ

 

 

 

これは個人的な経験であり、全ての結婚式に当てはまるわけではないでしょう。

また、トルコので中流階級人々の結婚式であることをご理解いただければ幸いです。

 

 

前回、結婚式のイントロダクションとして、トルコの大家族の話をしました。

 

s-mic.hatenablog.com

 

 

 

今回は、当日のお話しです :)

 

 

トルコの結婚式に出席するのに招待状は必要ありません。

入口にいるセキュリティーに新郎新婦とどういう繋がりで、そこにいるのか説明できればOKです。笑

会場に入っても決まった席は用意されていません。好きなところに座っていいのです。たいていは、身近な親戚や知り合いを見つけてその近くに座ります。

食事は出てきません。飲み物はまばらにありますが、持ち込んだ方がいいかもしれません。

 

ちなみに、ドレスコードもないので、ジーンズにシャツで来る人もいるなど、とてもカジュアルな雰囲気です。もちろんドレスアップして行って問題ありませんし、より良いとは思います。

 

f:id:s-mic:20170101173355j:plain

 

 

少しすると、新郎新婦が入場します。

 

f:id:s-mic:20161231103309j:plain

 

 

これは、結婚式らしい場面ですね。

このあと、お祝いの賛辞が2人に贈られたあと、一般参加者が2人の前に並んで、お礼のアナウンスが流れる中、お金や金を渡しに行きます。

 

 

f:id:s-mic:20170101173640j:plain

 

 

上の写真のように、基本的には2人が身に着けている紐にくっつける形で渡します。

トルコではお祝いは「お金」か「金」を渡すのが一般的なんだそうです。

金額は友人や親戚なら、20リラ~40リラ(約1000円~2500円)で十分だそうです。しかし、渡さない人も大勢います。必ずしも必要ないのですね。

 

 

このあとケーキカットがあり、徐々にそのケーキが配られていきます。

席は適当なので、食べたい人はどこかにあるケーキをもらって食べればいいのです。これが唯一配られる食べ物です。

 

このあとはみんなでダンスへ移ります。

 

 

f:id:s-mic:20170101174748j:plain

 

手を繋いで、輪になって踊る、踊りたい人だけが。。。

本当に寛容な人たちです。笑

 

初めましてでもすぐ友達になってしまいます :)

伝統の音楽やトルコ独特のポップスのリズムに乗って、誰がともなくリードしみんな一緒に踊ります。そして、ダンスを上手に踊った女性にはお金を服に挟みます。例えば、ワンピースの肩の部分とか、女性同士であれば、胸元に入れることもあります。

 

 

ここまでくると会は終盤です。

トルコの結婚式は自由集合、自由解散です。帰りたい人から、帰ってしまいます。そして、多くの人は正直早く帰りたいと思っているようです。なぜなら、大家族ゆえに、来週もそしてきっと再来週も結婚式があるから。。。笑

 

 

トルコの結婚式といっても、噂によると、トルコのいわゆる上流階級の人々は日本やジョージアの結婚式に近いものを行うそうです。

大切な人みんなで楽しめば、豪華な料理やパフォーマンスが無くても記憶に残る特別な日になるのかもしれません💖

 

 

 

ジョージアの結婚式はこちら

 

s-mic.hatenablog.com

 

 

s-mic.hatenablog.com

 

 

s-mic.hatenablog.com