読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偉そうな日本語、無責任なドイツ語 ~後編:日本の視点~

この記事は一つの視点だということを十分に理解していただければ幸いです。 また、筆者とドイツ人(ドイツ語のネイティブスピーカー)の英語での会話をもとにしたものであり、筆者はドイツ語を話しません。 「集団的な思考」と「個人的な思考」が文化の中に…

偉そうな日本語、無責任なドイツ語 ~前編:ドイツの視点~

この記事は一つの視点だということを十分に理解していただければ幸いです。 また、筆者とドイツ人(ドイツ語のネイティブスピーカー)の英語での会話をもとにしたものであり、筆者はドイツ語を話しません。 先日テレビを観ていてこんなことがありました。 そ…

皮肉なドイツ人とチョコ

Eating in Germany is easy, because there is basically only one kind of food, called the 'wurst'. -Dave Barry ドイツでの食事は簡単だ。 基本的にソーセージと呼ばれる一種類の食べ物しかないのだから。 ーデーブ・バリー (c)MIC ー写真素材 PIXTAー …

ドイツ人とフランス人のステレオタイプ ~ Bonjour! ~

あまり物事をカテゴライズするのは好きではありませんが、旅先で人々がステレオタイプ通りの行動をしているのを見ると、ついクスッと笑ってしまうことってありますよね? 今日は世界遺産の街ストラスブール(フランス)で起こったクスッと笑ってしまった出来…

ドイツの強制収容所の劣悪な環境

ここは強制収容所の一角です。 そして、この一見何の変哲もない石の道を進んだ先にある建物は以前の記事で紹介した強制労働収容所の宿舎です。 以前の記事 s-mic.hatenablog.com この道にも意味があります。 強制労働所はただ人を虐めるための施設ではありま…

オラニエンブルグ ~ザクセンハウゼンの記憶~

今回は私がナショナルソーシャリズムを学んだオラニエンブルクの話です。 「ナショナルソーシャリズム」に馴染みのないという方は下記をください。 s-mic.hatenablog.com 私がいたのはオラニエンブルク、ザクセンハウゼンにあります。 有名な場所をだすと、…

初めてドイツの強制収容所に足を踏み入れて

You don't know what is free. You don't know the feelings, looking at a bird flying over a wall and asking myself why I can't do that, why? - victim (former prisoner) of German consentration camp 君たちは本当の自由を知らない。 壁を超えてい…

負の遺産に対するドイツの視点と日本の視点

私の書いている記事の中でもナショナルソーシャリズムに関するものやクルドに関するものを結構読んでくださっている方が多いので、続けて書いていきたいと思います。 例えば下記のようなものがありますので、手始めに読んでいただければ嬉しいです。 s-mic.h…

仲間の裏切り~マイノリティーの苦悩~

It is easier to forgive an enemy than to forgive a friend. ― William Blake 敵を許す方が友人を許すより易しい -ウィリアム・ブレイク 繰り返しになりますが、クルド人に関してトルコ(特に南東部)に行く方は知っておくべきだと思うので、知っているこ…

ベルリン名物、カリーバースト

ドイツのベルリンといえば、思い浮かぶのは冷戦の時のベルリンの壁くらいかもしれないですが、実は観光できる場所はたくさんます。 酔っぱらった勢いで、" Stop homo phobia (ホモ恐怖症は止めよう)”壁書かれたサインの上に張られた心無いシールに腹を立て…

ナショナルソーシャリズムとは?

You don't know what is free. You don't know the feelings, looking at a bird flying over a wall and asking myself why I can't do that, why? - victim (former prisoner) of German consentration camp 君たちは本当の自由を知らない。 壁を超えてい…