読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドバイで訪れるべき名所 ~世界一高いブルジュカリーファ~

We in the U.A.E. have no such word as 'impossible'; it does not exist in our lexicon.

Such a word is used by the lazy and the weak, who fear challenges and progress.

                                                                                   -Mohammed bin Rashid Al Maktoum

 

 

私たちアラブ首長国民の辞書に「不可能」という文字はない。

そんな言葉は挑戦と進化を恐れる怠惰な人たちに使われるものなのだから。

 

                ーモハメッド・ビン・ラシッド・アル・マクトウム

 

 

 

アラブ首長国連邦といえばドバイを始めとするお金持ちの人たちが集まる地域として有名です。もちろん金銭的に余裕のある人達は簡単に楽しみを見つけることができますが、バックパッカーや学生には縁のない場所のように感じていませんか?

もし行く機会があるなら、お金がかからないで楽しめるアラブ首長国連邦の楽しみ方を紹介します;)

 

アラブ首長国連邦はとにかくスケールが大きいです。初めてアラブ首長国連邦を訪れた際、地図を見て滞在場所がある駅から2つ目のビルを右に曲がって3つ目のビルだったので徒歩で行こうと試みました。外は50度前後で蒸し暑かったですが、貧乏学生だった私には何のその。。。となるはずでした。笑  

 

この続きは割愛して別の記事に委ねます。笑

 

 

さて本題を戻します。

正直バックパッカーには向かないなと思われるドバイにもやっぱり行くべき場所はあります。それがブルジュカリーファ。世界一高いビルです。2004年1月に着工開始し、2010年に完成しました

 

At the topより

 

 

日本のスカイツリー(634m)は「世界一高いタワー」です。

あえてブルジュカリーファをタワーとしなかったのは優しいアラブ人の計らいですね。

 

この展望台をAT THE TOPといいます。

ここを訪れる際にはポイントがあります。

 

 

1.事前に予約をすること

「Fast Track Ticket」を購入すれば、当日券でも展望台に登ることができますが、当日券の料金は「300ディルハム(≒約1万円)」のため、事前予約した場合と比較して2.4倍で、高額です。予約はインターネットを通して可能でこれがベストですが、最悪現地に先についてしまった場合やWifiが見つからなかった方は、直接At the top の受付まで行き、翌日のチケットを予約しましょう。

 

 

 

 

2.時間に余裕を見て動く

先に述べたようにドバイの建物はとにかく広いのです!ブルジュカリーファはドバイモールとつながっており、電車も「ドバイモール駅」から直結ですが、場所を頭に入れた状態で向かっても駅から1時間近くかかりました。ブルジュカリーファのチケットは時間予約制ですので、時間には余裕を見て上りはじめましょう。

 

 

 

3.予約は朝一か夕方がお勧め!

 

夕方は言わずと知れた、夕焼けが美しく、また気温も少し下がるので昼間に行くよりもずっと快適でしょう。しかし、私がお勧めするのは朝一!なぜなら、ドバイはとっても暑いのです。そして海が近くにあるためせっかくの美しい近未来都市も水蒸気に視界を阻まれてはよく臨めません。せっかくなら旅行の途中で疲れていても早起きして、真っ青な海と空を堪能するのはいかがでしょうか。

 

 

 

おまけですが、この展望台に行くためにはもちろんエレベータを利用します。

 

f:id:s-mic:20170320120127j:plain

エレベータ内

 

 

 

これは本当にカッコイイです!!

秒速10mの速さでいっきに私たちを展望台へいざないます。この技術を可能にしたのは日本の技術のお陰なのです。エレベータそのものではないですが、明倫社という日本のメーカーがエレベータを高速で引き上げる技術を提供しています。陰の仕事であっても自分の国の技術が世界のトップの場所で使われいるのは嬉しいですよね。少し親近感が湧いてしまいます<3笑

 

 

 

値段は多少しますが、事前に予約すればさほど高くなく行けるので、バックパッカーの人もあきらめず、訪れてみてください。

 

 

 

 

アラブの航空会社のお勧めサービスに関してはこちら

 

s-mic.hatenablog.com