瀬戸内海の絶景はまだまだ続く、屋島山頂から北嶺へ【高松・香川】

2021年12月

 
-世界は1冊の本のようなもの。旅をしないということは、その本の1ページしか読まないようなものだ。
 
 
 
屋島の旅はまだ続く。屋島山頂からもうひとつの尾根、北嶺へと渡る道がある。結構歩くことになるうえ、屋島山頂まで往復するのにゆっくり回ると2時間程度かかる。個人的な感想だが、北嶺からの景色の方が美しいと思った。要は4.5km程度(通常1時間程度)の距離でも2時間程度かかるほどじっくりみたいと思ってしまうのだ。バスで帰る予定の人は要注意。 
 

f:id:s-mic:20220104113916p:plain

屋島山頂
道のりは舗装されていて歩き安い。また尾根から尾根への移動なのでアップダウンも少ない。 
 

f:id:s-mic:20220110114303p:plain

Google mapを見ると、円状の道に一本道が突き刺さるように道があり、付き出した先頭に綺麗なビューポイント(遊鶴亭)がある。実際には円上の途中途中にビューポイントがあり、様々な角度から景色を楽しめる。左回りに回った時に見える最初の景色は下。
 

f:id:s-mic:20220110114548p:plain

円状のビューポイントの一つ
 
一方で中央に突き刺すような道は無いので、横着はできない。但し一番のビューポイント(遊鶴亭)は円から伸びた先にあるので見逃さないようにご注意を。遊鶴亭の円柱の元は座れるようになっている。
 

f:id:s-mic:20220110115851p:plain

遊鶴亭

f:id:s-mic:20211217132033p:plain

遊鶴亭からの景色

 

遊鶴亭から屋島山頂に帰るまでの道のビューポイントは下。

 

f:id:s-mic:20220109135258p:plain

 

もう少しアップで見ると切り立った反対の山の岩場が美しい。
 

f:id:s-mic:20220110121152p:plain

 
体力がある人は是非是非訪れて欲しい。北嶺は瀬戸内海の絶景スポットだった。
 
 
香川旅行全体のインデックスはこちら

s-mic.hatenablog.com

 

香川の旅4日目のインデックスはこちら

s-mic.hatenablog.com