香川の思い出とお土産と

2021年12月


 
- Life isn’t about finding yourself.

 Life is about creating yourself.

 

- George Bernard Shaw

 

-人生とは自分探しするためのものではない。 人生とは築くものである。

 

ジョージ・バーナード・ショー

 

 

今回の香川の旅のお土産は以下。 日ごろ食べやすいものばかりだった。同じ種類の商品が見つかったものは記事に貼ったので興味あるかたはご覧あれ。全く同じ商品でないものもあるのでご留意願いたい。

 

<小原紅みかん>

スーパーに行くと異様にオレンジ色(色の濃い)みかんに出会った。瀨戸内海といえばレモンとオリーブが有名だが、みかんも名産と聞いたことを思い出して小腹が空いたとき用と残りはお土産として購入した。写真では分かりづらくて申し訳ないが、色はかなり濃いオレンジ色で、こんな色のみかんは見たことが無かったので少々お値段が張っても即決してしまった。味は少し酸っぱかった。時期としては少し早すぎたのかもしれないがご贈答用として売られているのもあったので甘いものもあるのだと思う。
 
外部リンク:香川産、小原紅早生みかん(楽天
 

f:id:s-mic:20220114223244p:plain

左:おいり、右:和三盆
<おいり>
これは香川の伝統品で名物だ。色が可愛い。琴平では「おいりソフト」というアイスクリームも売られていていたが、時期が冬なので寒くてやめた。見た目は甘くてほんのりしょっぱい雛祭りの雛あられのようだが味は違う。ほんのり甘くてハッカ味がする。3つ4つまとめて口の中にほうり込むとハッカの味も感じられる。食感はふわりと柔らかくふ菓子の「ふ」のようだった。こちらはお嫁に行く人が持って行くのだとか。
 
外部リンク:おいり(楽天
 
<和三盆>
和三盆もこちらの名産らしい。そこで今回は瀨戸内
海のフレーバーがついているものとプレーンが両方入っているモダンタイプにした。上のおいりさんと一緒に良いお茶菓子になった。
 
外部リンク:和三盆(楽天
 

f:id:s-mic:20220114224511p:plain

左:金陵の郷の純米、右:半生讃岐うどん
<純米>
琴平で立ち寄った金陵の郷で買ったお店の限定品。日本酒が普段苦手な私にもこれはとっても飲みやすく美味しかった。こちらは限定品だが、定番はのみ比べセットも含めてインターネットでも手に入る。
 
外部リンク:金陵のHP
 
外部リンク:金陵の郷で気になった飲み比べセット(楽天
 
<半生讃岐うどん> 
香川といえばうどん。これはしっかり買った。お土産屋さんではなく、スーパーで一番人気と書>てあるものを選んだが、生麺だった。さすがと言うべきか。自宅でシンプルな味付けにして食べたが美味しかった。やはりさすがと言うべきだな。
 
外部リンク:私が買ったのと同じ半生うどん
香川の旅はいかがだっただろうか。私には意外な発見がいっぱいある良い旅になった。
 
 
 
一部のお土産を購入した際の記事はこちら

s-mic.hatenablog.com

 

香川の旅全体のインデックスはこちら

s-mic.hatenablog.com

 

その他日本のお土産記事はこちら

s-mic.hatenablog.com

s-mic.hatenablog.com