秋の三段峡と祖母たちの思い出【安芸太田町・広島】

2020年秋 


 

-My grandmothers were born in very far regions to each other's. But once excited to talk about how beautiful when it comes to fall with autumn leaves in their hometowns. According to them, they used to see red, orange, yellow, and colorful leaves between white branches without leaves, and those white trees were also very beautiful as popping up on mountains among vivid colors in distance. I was born in Tokyo, concrete jangles, and had never neither such richness nor nostalgia. I hope what I saw this time was like a part of their sweet old memories.
 
-M
 
 

広島に来た一番の理由はこれと言っても良い。春夏は去ることながら、秋の紅葉は一段と素晴らしい景勝地だ。

 

外部リンク:広島観光ナビ(広島県観光連盟のウェブサイト)

www.hiroshima-kankou.com

 
広島市内からはバスで行ける。バスは駅からではなく、デパート付近のターミナルから出発するが、上りのエスカレーターは見つけずらいのでご注意を。
 
さてバスで三段峡まで行くと、ここから終着点まで行き、ミニシャトルで出発地点と同じバス停近くまで帰ってくることになる。
 
道はかなり歩き安いが、自粛明けの体力にはしんどいのか進むペースがかなり遅かった。いや、景色があまりに綺麗すぎて寄り道を沢山したせいかもしれない。
 
74507490

(c)MIC - 画像素材 PIXTA -

 

途中では料金を払えば渡し舟にも乗れる。ハイシーズンということもあり、かなり並んだ。45分くらい並んだかもしれない。

 

f:id:s-mic:20220127113159p:plain

渡し舟


こうして船に乗って稼いだ距離歩いていたら1キロ程度。正直歩いたほうが早い。それでもをただ景色を楽しむ余裕が出来るのは良い。

 

f:id:s-mic:20220127113705p:plain

 

更に進み二段滝に行った。ここへは猿渡という船で行く。これも料金を払う必要がある。猿渡は渓谷に張り巡らされたロープを手繰り寄せて進む。船頭さんたち本当にお疲れ様。

 

f:id:s-mic:20220127114220p:plain

猿渡

 

滞在時間は決められているが、二段滝は大迫力。一見の価値あり。かつてこの滝は本当に二段だったそうだが、現在は片方が崩落して一段なのだそう。二段の時はどんな姿をしていたのかとても気になる。

 

74507488

(c)MIC - 画像素材 PIXTA -

 

ちなみに三段滝というものもある。確かに三段で美しく大きな滝だが水量のせいか、私は二段滝の方が好きだった。

 

f:id:s-mic:20220127115708p:plain

三段滝

 

観光もひと段落したところで帰路につくため、分岐点の広場へ戻る。地元の人たちがピクニックに来ていた。未だに多くの若者が都会にユートピアを求めるが、実はこういうところにこそあるのかもしれない。

 

f:id:s-mic:20220127115123p:plain

広場でピクニックする人たち

 

トレッキング中、後ろを振り返ると様々な紅葉の段階の木々が渓谷を彩っていた。

ここでふと思い出した。以前両親の両家と我が家が揃って食事をした時のことである。広島出身の母方の祖母が東京出身の私にいかに広島の田舎の景色、特に紅葉が綺麗かを聞かせた。「秋の山はとっても綺麗なの。赤やだいだい、黄色、緑も綺麗なんだけど、枯れてくると白い枝木がぽっぽって浮いて見えて、これもいいのよ。」というと、長野出身の父方の祖母も驚いた様子で「そうそう。あれは可愛いわよね。あなたのお国もそうなのね。」と入ってきた。それを聞いた山形出身の祖父も「俺のとこだってそうだよ。綺麗なんだぁ。」と参戦し、共通の思い出を見出だしたことにかなり喜び、感動しているようだった。
 
東京生まれ、東京育ちのこういうノスタルジーはない。祖父母は3人とも10代の頃に東京に上京してきているが、自然密着し地に足の着いた生活の記憶は強く残るのかもしれない。
 
今回出会った景色が彼らの思い出に近いものであれば嬉しいなと思った。
 
 
 
広島の旅全体のインデックスはこちら
 
その他、秋の田舎の全風景記事はこちら

南国気分でリラックス、映えも完璧、スパラクーア【文京区・東京】

2021年12月 


 

‐Warm my body.

  Warm my heart.

  Warm my soul.

 

- M

 

ー体を温めて

  心をを温めて

  魂を温めて

 

ー M

 

 

都会のオアシスとはまさにこのことだろうか。この冬は温泉巡りがマイブームの私。
今回は気分転換もかねて東京ドームシティ内にあるスパラクーアを訪れた。
 
外部リンク:東京ドームシティの方式ウェブサイト内 スパラクーアのウェブページ
 
スパラクーアは屋内型の南国リゾート風の温泉施設である。温泉や追加料金の支払いで岩盤浴、その他マッサージなどのリラクゼーションが受けられる。かなりお洒落な施設だ。
 
コロナになるまでリラクゼーションとは無縁だった私は東京育ちでも、いや東京育ちだからこそファンシーなこの施設は初体験であった。
 
スパなので館内の写真は撮らなかった。南国、お洒落、スパ、温泉、リラクゼーションなどか好きな人や素敵なデートスポットを探しているは必見。
 
温泉は男女のフロアが分かれており、休憩スペースや食事処もあるので、1日居られる。実際私は4時間強いた。
 
追加料金を支払って利用する岩盤浴メインの南国風ヒーリングバーデのバーデは、スペル(Baden)からしてドイツ語で温泉を意味するバーデン。ここは岩盤浴用の服を着るので男女共に使用する。このエリアはデートとして良き。実際結構カップル来ていた。お洒落なプールを前に夕暮れ時にデッキから眺めるのは素敵な時間になるだろう。
 

f:id:s-mic:20220126232058p:plain

 

直島のオシャレな温泉

s-mic.hatenablog.com

 

お肌つるつる、石川県・白峰のの温泉

s-mic.hatenablog.com

 

広島のお好み焼き名店、八昌と時勢に翻弄される人々【広島・広島】

2020年秋 


 

‐People will travel anywhere for good food. It’s crazy.

 

‐Rene Redzepi

 

‐美味しい食べものを求めて人はどこへでも行く。いかれてるよ。

 

‐レネ・レゼピ

 

 

名店、八昌についた時、時刻はすでに19時過ぎだった。あまりの長蛇の列に慌てて近くのトイレを探した。

 

外部リンク:八昌紹介ページ(ぐるなび

r.gnavi.co.jp

 
不安材料も消えたところで仕切り直して列に並ぶ。が、一向に前に進まない。筆者より後に並んだ人達は次々とリタイアしていった。時期に定員さんが最終組の看板を持ってきて気がつくとほぼ最後の組、ブービー賞であった。その後にも人はやって来ては残念そうに去るから本場のお好み焼き名店は恐ろしい。
 
お店に入る頃時刻はすでに22時前になっていた。中に入るとこれだけ待つ理由が分かった。コロナ対策のせいだったのだ。客同士が間隔を空けて座り、人数制限をかけていた。回転の悪さに納得だ。
 
オーソドックスなお好み焼きとカキ炒めを注文する。
 
まずカキの炒め物がサーブされた。かなりボリュームがありプリプリの身に感動する。辛過ぎない程度にコショウのシンプルな味付けがまた良い。
 

f:id:s-mic:20220126221206p:plain

カキ調理中
 
テレビなどで見たことはあったが、生地がとっても薄い。目の前で焼かれると感動する。
 

f:id:s-mic:20220126222533p:plain

 
続いてお好み焼きがサーブされる。一口食べて本物の味と食感に感動。
 
 
筆者の実家では真似て焼きそばと大阪風のぼってりした生地のお好み焼きを合わせて食べる。味はとても美味しいのだが広島風とも大阪風ともいえるどっちつかずの代物だ。
 
この家庭の味とは大違いで、麺はしっかりしており、重た過ぎず、しかしボリューミーで甘めのソースが絡む。ドラマチックでお喋り好きの筆者は作って下さった鉄板カウンター越しの店員さんに「広島スタイルのお好み焼き初めて食べましたが、感動するほど美味しいです。」などと訴えたほどだ。
 
カキを頼んだこともあり、1枚のお好み焼きを食べきるのとが出来なかった。そこで持ち帰りにできるか聞くと、快く包んでくれた。
 
帰り際にお礼を言ってお店の外へ出ると、片付けをしていたベテランそうな店員さんから「大変お待たせしてすみませんでした。」と少しぶっきらぼうに謝られた。「とんでもない。遅い時間までありがとうございました。とても美味しかったです。」とこちらが言うと、店員さんは軽くお辞儀した。その時、口の両端が少し上がって見えたのは凄く印象的だった。きっとニューノーマルの中で苦労ものあるだろうが、どうか少しでも報われて欲しいと思った。
 
 
広島で出会ったミニお好み焼きの話

s-mic.hatenablog.com

 

広島のご当地グルメ 汁なし担々麵の記事はこちら

s-mic.hatenablog.com

 

広島の旅1日目のインデックスはこちら

s-mic.hatenablog.com

 

広島の旅全体のインデックスはこちら

s-mic.hatenablog.com

 

 

 

 

広島城と、先祖と、3本の矢と【広島・広島】

2020年秋 


 

‐この矢一本なれば、最も折りやすし。しかれども一つに束ぬれば、折り難し。汝ら、これに鑑みて、一和同心すべし。必ずそむくなかれ。

 

毛利元就

 

 

どうやら筆者は大名家の末裔らしい。

 
母方の祖父母は大名家の末裔だと幼い頃、まだ学校で大名が何を習うずっと前に伝えてきた、家紋もしっかりとってあるぞと。ずっと後で分かったのだが、母や母方の叔父は知らなかったそう。気恥ずかしかったのだろうか。だとしても誇るべき祖先の情報を誰にも知らせないで消えていくのは惜しいと思ったのだろう。
 
とにかく筆者は現代では何千人、何万人といるかも分からない3本の矢で有名な毛利家の末裔の1人ということだ。母方の祖母の家系なので、伝統に従うなら長女の筆者は毛利家の正当な女系の継承者だ。
 
先祖全員へ畏敬と感謝の念はあるが、とはいえ日常の中で意識する事はまずない。前置きがかなり長くなったが、今回はそんな先祖を小中学生の時以来意識した瞬間だった。
 
天守閣の入場料は大人一人370円。お手頃に見学できる。
 
外部リンク:広島城の公式HP
 
広島城へ初めて登城した。現在は建物は再建されており、中はミュージアムになっている。広島は様々な君主の支配を受け、我が祖先の栄光もそう長くはなかったようだ。とはいえ、本物の遺品が宝として飾られるのを見るのは少し誇らしい。
 
祖母の話では第2次世界大戦以前は彼女の実家にも大名家に伝わる刀や鎧を始めとしたお宝があったそう。しかし戦時中に軍に取り上げられそうになったため土に隠したところ全て錆びて駄目になったのだとか。当時は油を塗り紙で包んで土に埋めることしかできず、戦後掘り起こした時の無残な姿を見て一族で落胆したのだとか。
 
こういった話を聞いたことがあったせいか、少しでも現存する宝はとても貴重に見えた。
 
そして何より、一度は焼け野原になったこの地に広島城を再建した人々の心を思うと少し胸が熱くなった。
 

f:id:s-mic:20220115212709p:plain

天守
 
天守閣の外で出会ったご当地グルメ

s-mic.hatenablog.com

 

広島の旅1日目のインデックスはこちら

s-mic.hatenablog.com

 

広島の旅全体のインデックスはこちら

s-mic.hatenablog.com

 

地方のお城、金沢城の記事はこちら

s-mic.hatenablog.com

 

広島でミニお好み焼きは粋な店主の露店、●●焼で【広島・広島】

2020年秋 


 

- All sorrows are less with bread.

 

‐ Miguel de Cervantes Saavedra

 

‐あらゆる悲しみはパンがあれば少なくなる

 

-ミゲル・デ・セルバンテス

 

 

広島城天守閣に向かう途中、この日は吉日だったのか七五三とおぼしき家族がいた。

 

f:id:s-mic:20220123145746p:plain

 

そんな時に決まって現れるのは屋台だ。取り分け惹かれたのがこれ。ミニお好み焼きだ。この小さな誘惑に大きく心を惑わされるのはここが広島だからである。
 

f:id:s-mic:20220123145055p:plain

 
東京でお好み焼きの屋台を見かけると、たいていは「広島風 お好み焼き」と書いてある。でも広島で見つけたものは「●●焼き」という名のミニお好み焼きだ。
 
「1つ下さい」とお願いし、用意できるまで店員さんと観光に来ているなど他愛ない話しをして待つ。「あいよ」と手渡されたのは2つ入り。驚くと「もう店仕舞いの時間だから」とサービスしてくれた。なんと粋なお店だろう。
 

f:id:s-mic:20220123150234p:plain

 
そばは無く、卵が中に入っていた。ソースはしつこくなく甘めである。
自粛明け少ない体力で、まだまだ続くこの長い日に大きな活力をくれた。
 
 
広島の旅、1日目のインデックスはこちら

s-mic.hatenablog.com

 

広島の旅全体のインデックスはこちら

s-mic.hatenablog.com

 

広島のご当地グルメはこちら

s-mic.hatenablog.com

 

その他の地域のご当地グルメはこちら

s-mic.hatenablog.com

 

s-mic.hatenablog.com

 

原爆ドームを臨んで【広島・広島】

2020年秋 


 

‐私は人生で一つ間違いを犯した。ルーズベルト大統領に対し、原子爆弾を作るよう勧める手紙に署名したことである

 

アインシュタイン

 

 

平和記念資料館を背に平和記念公園の中央通りをまっすぐ進むと右手に原爆ドームがある。

 

f:id:s-mic:20220115212459p:plain

この写真は平和記念公園の外から撮影したもの

 

この日は修繕工事を行っていた。全貌を見ることはできなかったが、この真上に先に平和記念資料館で見た恐ろしい原爆が落ちたのかと思うと背筋が凍る思いがした。130,000人とも言われる人の命が一瞬にして奪われたのは言うまでもないが、それを想像することは容易くない。

 
こんな建物が2度とこの世に生まれませんように。
 
 

平和記念資料館の記事

s-mic.hatenablog.com

 

平和記念資料館を訪れて感じたこと

s-mic.hatenablog.com

 

平和記念公園

s-mic.hatenablog.com

 

 広島の旅の1日目のインデックスはこちら

s-mic.hatenablog.com

 

広島の旅全体のインデックスはこちら

s-mic.hatenablog.com

 

 

 

 
 

微笑みの国タイのホスピタリティーとパッタイ、大人気の老舗・ティップサマイ プラトゥピーにて【バンコク・タイ】

2016年 夏  


 

- The best secret spice was your sweet heart and the hospitality.

 

- M

 

- 最高のスパイスはあなたの優しい心とホスピタリティー

 

-M

 

 

微笑みの国、タイ。ホスピタリティーは言わずと知れたもの。
これはタイ・バンコクにあるパッタイ名店での出来事である。滞在先近くにパッタイの老舗で大人気の場所があると聞きつけやって来た。その名もティップサマイ プラトゥピー。かなり広く関東でいえばモールのフードコートくらいある広いオープンスタイルのお店(屋内外が一体化しているお店)に長蛇の列が出来上がっていた。さすがアジア、食に対する情熱には、筆者自身アジア人だがいつも感動する。
 
名物のパッタイとはタイ風の焼きそばのようなもの。回転はかなり早いのだが1時間くらいは待ったのだから、どれほど人気かお分かりいただけるだろうか。
 

f:id:s-mic:20220122230846p:plain

 
外部リンク:google map 
 
リンクを張るときに気づいたのだが2021年現在は改装を行ったようだ。そしてメニューも筆者行った時より豊富かもしれない。
 
前に並んだカップルの1人が途中抜けてしばらくすると戻ってきた。何やら珍しいお菓子を持って帰ってきたので「それ何ですか?」と聞くと「僕たちも分からないけど、そこで買ってきたんだ。1つあげるよ。」と近くの屋台を差してから、お裾分してくれた。こういうアジアの食べ物のお裾分け精神大好き♥️ひしひしと身に染みる。
 

f:id:s-mic:20220122233742p:plain

お裾分けのお菓子。ピンボケで申し訳ない。
順番がきて、席へ案内された。席に座ると3分も経たずして、店員の若い女性がパッタイを持ってきた。
 
ところが、パッタイを持ってきた女性は、一度テーブルにお皿を置くと、私のカメラを見て少し驚き、ちっと舌打ちし、片手をあげた。どうやら私に待て言っているようだ。すると持ってきたパッタイを引き上げて調理場まで持って返ってしまった。
 
調理場は客から完全に見える位置にあるので、様子を見守った。どうやら、あーだこーだと指差しながらシェフに指示している。少しして彼女は頷くと、またパッタイを一皿持ってきた。今度は満面の笑顔で「どうぞ」と言わんばかりだ。テーブルを見ると持ってきてくれたパッタイは綺麗に卵に包まれていた。
 

f:id:s-mic:20220122234453p:plain

パッタイ。卵の皮の中に麺がある。

 

筆者は一眼レフを使っているので、きっとこれを見て初めにサーブされたパッタイは写真には向いていないと判断して取り替えてくれたのだろう。その店員さん、本当に可愛いかった。心遣いがとても嬉しい。
 
実のところ、この時筆者が持っていた一眼レフには誤ったレンズが装着されていた。日本から着けてきたそのレンズは望遠用のものだったのだ。更に言うならこの時カメラに関してかなり初心者だった。良い写真が撮れなくて申し訳ない。
 
生憎綺麗な写真は残せなかったが、美しい微笑みの国のホスピタリティーの記憶をしっかり残すことができた。
 

 

成田空港のタイ料理屋さんでパッタイと食べた話

s-mic.hatenablog.com