展望地、展海峰までの道のり【99島・長崎】

2022年4月頭


 

-僕の前に道はない。僕の後ろに道はできる

 

-高村光太郎

 

 

カキ焼き小屋で展望地の展海峰には徒歩では行けないからバスで町まで戻りなさいと地元の人には勧められた。親切なアドバイスを頂いたにも関わらず、道は高速道路ではないようなので、いやいや道があるんだから行けるだろうと、いくつになっても大して根拠の無い自信に溢れる私は引き続き歩いて進むことにした。 地図でいうとカキ焼き小屋のMaritime Oyster bar "Marumo Suisan"からまで。 カキ焼き小屋の対岸(湾を超えた)あたりからはずっと坂道だったかと思う。とはいえ、道は舗装されていて、一般的な登山のような急さは無い。

 

 
まずカキの掘っ立て小屋を出ると、小さなハーバーを通る。
 

右上にある緑屋根の建物は米軍施設


その後米軍基地沿いに進むとやがて坂道に差し掛かる。場所によっては歩道がある箇所もある。
 

 
上までのぼると、畑などが見え、道も別れるが、目的地の看板が見えてくるので安心だ。
 
次回はこの子に始まり、展望地の展海峰での素敵な景色やエピソードを紹介しようと思う。
 

 
 
 
長崎弾丸旅、全体のインデックスはこちら

s-mic.hatenablog.com

この日のインデックスはこちら

s-mic.hatenablog.com

その他、たくさん歩いた時の話はこちら

s-mic.hatenablog.com

s-mic.hatenablog.com

 

 
 

新鮮な焼きガキを一生分食べた話~牡蠣の美味しい焼き方付~【99島・長崎】

2022年4月頭


 

‐旅は真の知識の大きな泉である
 
‐ディズレーリ
 
 
いくら朝ごはんを死ぬほど食べたところで、ご飯の時間が近づくと不思議とお腹は空いてくる。時間とは恐ろしいものだ。
 
99島でカキの養殖をしているマルモ水産さんが経営する「かき焼き小屋」にお昼ご飯を食べに来た。お店近くの港まで降りてくるとお店の旗や看板が見えてくる。

 

お店の入り口

 

お店は海に突き出している。好みによりけりかもしれないが、私的には雰囲気がでていて良き。少し東南アジアにいる気分になる。
 

店内
メニューに目をやると牡蠣の最小の注文単位が1kgとある。殻つきの重さだが、それでも小さい種類の牡蠣が20個くらいは出てくるとのことだった。さすがにお酒も飲まずにひたすら牡蠣を食べ続けるのはきついだろうと思い、牡蠣クリームチャウダーと牡蠣のおこわ2つも付いてくるセットにした。そのお値段1,700円と良心的。下全部出てくる。食べきった私が言うことでもないと思うが、普通は一人で食べる量では無いと思う。
 

 
牡蠣は自分で火の上に乗せて焼くが、順番があるよう。焼き方にも作法があるとは今ままで全然知らなかった。メニューと一緒に渡される。概要は以下。
 
牡蠣の美味しい焼き方
①殻が平らな方を下にして焼く。牡蠣の口が開くか、開かなくても2~3分程度したらOK。
②ひっくり返して更に2~3分焼く。この時、平らな方の殻は外す。
③お好みで味をつけて食べる。
 

網いっぱいに並べたがこれで全てではない
牡蠣はもちろん新鮮でプリプリ。とても美味しかった。時期によっても異なると思うが、さっぱりした味なので食べやすい。塩の味がするので味付けは必要なかった。サイドメニューの牡蠣クリームチャウダーは、米国風というより日本のシチューに近く、軽くまろやかな味わい。おこわは甘口なので、塩気のある牡蠣の合間にちょうどよい。
 
帰り際に次の目的地、展海峰(展望地)についてお店の人と話始めた。お店の人は徒歩では遠すぎて行けないという。バスでこのまま帰ることを勧められた。長崎のバスの時刻表には何度も裏切られたので、バス会社に帰りのバスがあるかの確認のために連絡をした。帰りのバスはあるようなので、まぁ、大丈夫だろうということで結局徒歩で向かうことにした。お店の方の親切心はとても有難いが、地図の距離的には問題が無さそうだし、ハーバーを挟んで目の前にある山が展望台のある所だというので、さして難しそうには思えなかった。そして何よりハウステンボスでのハーバーゾーンへの道の一件が長崎の人はあまり歩かなくて、実は知らないのではなかろうかという変な自信につながった。
この帰り際、ブラジル系アメリカ人の女性がお店にやってきた。お店の人は英語を話すようだったが、アメリカ人の女性の方が応対に少し困っているようにも見えたので、口を挟んだ。その時からお店のを離れるまで彼女と2回ほど鉢合わせることになる。ちゃんと彼女と再会し知り合うのはもう少し後になるが、旅先での出会いはいつも唐突に訪れる。
 
外部リンク:マルモ水産さんのHP

marumo99.jp

 

マルモ水産さんのメニュー楽天で売られていた(外部リンク) 

 

お取り寄せもできるようなので興味ある方は、ご自宅でもいかがだろうか。

 

 

長崎弾丸旅、全体のインデックスはこちら

s-mic.hatenablog.com

この日のインデックスはこちら

s-mic.hatenablog.com

その他、牡蠣料理に関する記事はこちら

s-mic.hatenablog.com

s-mic.hatenablog.com

s-mic.hatenablog.com

 

長崎の家とかき焼き小屋への道【99島・長崎】

2022年4月頭


 

‐ 「そのうち」なんて当てにならないな。今がその時さ。

 
 
 
石岳展望台園地を後にして、昼食へと向かう。目指すは99島でカキの養殖をしているマルモ水産さんが経営する「かき焼き小屋」。展望台は山の上だったから今度は海辺までいっきに下る。
 
地図でいうと、からMaritime Oyster bar "Marumo Suisan"と書かれているところまで。※ちなみに英語に訳されているのは私のスマホ/アプリの設定のせいだと思われる。
 

 
先の記事でも書いたのだが途中途中に公衆トイレなどないので、山を下りたあたりにある動物園外のトイレに行くか、かき焼き小屋まで我慢するか、でなければ見ず知らずのよそ様の家をピンポンすることになる。お気をつけて。

 

s-mic.hatenablog.com

 

かき焼き小屋までの道のりは、細い住宅街の間の坂道をいくつも通っていく。google map様様。と、ここで気づいたことがある。長崎の住宅はとってもモダン風だ。そして庭のお花は洋風の花やチューリップが多い。

 

 

地方に行くと古い家や、新しい家でも東京とは少し違うスタイルの家が多いと思う。ご当地によって家の好みの違いもあるのかなと時々思うのだが、長崎で出会った新しい家の作りは東京にある家の近所の住宅街とあまり変わらないように思った。一方で、庭にはチューリップが植わっている家も多く、西洋系の大きく一輪一輪を楽しむタイプの花などが植わっているも多々あった。これはご当地ものではないかと、観光客的には嬉しい発見だった。

 

海の方まで下りてくると、ドックや船着き場が見えてくる。

 

 

ここまで来ると、かき焼き小屋はもう目の前。

 



次回は念願のお昼ご飯。新鮮なカキを一生分といって良いほど食べる。

 

 

 

長崎弾丸旅、全体のインデックスはこちら

s-mic.hatenablog.com

この日のインデックスはこちら

s-mic.hatenablog.com

その他、たっくさん歩いた旅はこちら

s-mic.hatenablog.com

s-mic.hatenablog.com

 

 

ラストサムライのロケ地、石岳展望台園地へ向かう【99島・長崎】

2022年4月頭


 

- 1人旅をしているときには、好きな人のことや、残してきた人達のことばかり不思議に思い出すものだ

 

- リチャード・ホームズ

 

 

次の名所は石岳展望台園地。下の地図でいえば2番。 ハリウッド映画、ラストサムライでも使われた景勝地へ、ぐるっと回り道をして向かう。

 

 

ここへ徒歩で行くには、緩い山道をずっと進む。お腹が空いていたら心が折れそうだ。朝ごはんを沢山食べていたことに感謝。
途中、動物園と駐車場がある。今回は動物園には寄らなかったが、展望台や周辺にトイレは無いので、気になる方はここの園外にあるトイレに立ち寄ることをお勧めする。
 
分かりやすい道は、車道にもなっている大きな坂道。上の地図のように進むと、動物園が左手に見えるが、道はその右手にある。ここを通ると足腰の悪い人も、さらに坂を登った展望台の近くまで車で行くことができるが、途中乗用車でもすれ違うのが難しいと思われる道の細い箇所があるので、利用するのは歩くのが困難な人のみが良いと思う。
 
後で分かったのだが、動物園のフェンス沿いの脇道を通る方が、大きな看板の立っているオフィシャルな大通りより近道だ。民家?のすぐ横を通るので大勢で訪れる時はおすすめしないが、少人数なら問題ないだろう。その抜け道が下の写真の矢印
 

 
坂道には可愛い野草が生えている。
私の祖母は昔、花の飾りを作るアーティストだった。そのため実家は花や植物のアート作品で溢れている。地方出身の彼女のテーマの多くは可愛い野草だったのだと最近地方を旅する中で気づき始めた。こうやって違う目線から誰かの思いに気づけるのも旅のならではなかろうか。
 

 
坂道を上り終えると坂上の駐車場にたどり着く。ちょうど桜の時期だったのでとても綺麗だった。
 

 
展望台まではここからあと少し歩く。今度は今までと違って舗装されていない道を進む。
 

 
到着すると広場のようになっている。そこに更に階段を上って眺められる高台がある。
つまりは2度楽しめる。
 
まずは付き出した地上から

 
次は階段を昇って高台から。

 
人気の展望台のようだが、ここも人は少なくゆったりと楽しめる。
 
腹ペコになったところで、次はお楽しみのランチに向かう。
 
 
長崎弾丸旅、全体のインデックスはこちら

s-mic.hatenablog.com

この日のインデックスはこちら

s-mic.hatenablog.com

その他、景勝地からの景色はこちら

s-mic.hatenablog.com

s-mic.hatenablog.com

s-mic.hatenablog.com

 

穴場、船越展望所までの道のり【99島・長崎】

2022年4月頭


 

‐時というものは、それぞれの人間によって、それぞれの速さで走るものなのだよ。

 
 
 

前回紹介したとおり99島名所の徒歩の旅は10kmほどのアップダウンある道のりを歩くので多少の体力があり、歩道のない道のりを進む度胸のある人にしか勧めない。

 

前回の記事はこちら

s-mic.hatenablog.com

 

それでも素敵な部分はお伝えできればと思う。

今回の記事は以下地図の上の方にある星マークのあるクルーズ船が泊まっているところから、1の船越展望所までの道のりの話。

 

 

フェリーを降りると、公園に出る。

広々として気持ちの良い場所なので子供たちが走り回ったり、

カップルがピクニックをしていた。

 

 

少しクルーズ船乗り場周辺を離れて展望台へ向かうと車道しかない道を進む。

 

 

何の変哲もない道だけれども、春先ということもあり途中途中で色んな植物に出会えたのはラッキー。

 

 
1つ目の展望台、船越展望所。道の横に付き出していて、突然現れる。車を止めるスペースは手前にあるが、ほとんどの人は通り過ぎてしまうようだ。
 

 
高さが他の展望台より低く、より近くに海を感じられる。時間の許す人は、車でも是非少し立ち寄ってみては?
 
 
 

長崎の弾丸旅全体のインデックスはこちら

s-mic.hatenablog.com

この日のインデックスはこちら

s-mic.hatenablog.com

その他、海辺の旅はこちら

s-mic.hatenablog.com

s-mic.hatenablog.com

 

 

 

歩いてみた、99島の展望台巡り【99島・長崎】

2022年4月頭


 

‐旅は真正な知識の偉大な泉である

 

‐ベンジャミン・ディズレーリ

 

 

99島の展望台はいくつあるが、そのどれも離れて公共交通機関はバスのみ。しかも1時間に1本あるか無いか。

 
ペーパードライバーの私としては、歩くかバスを待つか。
Google mapで調べると、以下の地図で展望の名所はピンクの3つ
途中、新鮮な牡蠣を養殖場で食べたかったので緑のマルモ水産に寄った。
スタート地点の九十九島遊覧船のところから最終地点の展海峰まで、直線では6.6Kmと出ているが実際には黄色の道を歩く。2の石岳展望台に行く際などは道を一部往復することになるので、各経路を足すと全長10Km程度の模様。
 

 
船での観光が終わったのがお昼頃なので、ランチで寄り道しても時間的に片道は日暮れまでに間に合う。帰りはバスか半べそで歩くか。
まぁ、日本だから最悪タクシーは呼べるだろうということで、歩くことにした。
 
 
地元の人や日本人の観光客で出会った人たちからは歩いてはとてもじゃないが行ける距離ではないといわれたが、面白いことに類は友を呼ぶというべきか、色んなバックグラウンドを持つ旅慣れたアメリカ人の女性にはこの途中で何度か出会うことになる。
多少アップダウンはある道のりなので、体力に自信がない人と車の通る狭い道を歩きなれていなくて怖い人にはオススメしないが、140cmの小柄な日本人女性の私とアメリカ人の女性にもできたのだから時間がある人は運動がてらにやってみると良いと思う。
 

 
次回以降の素敵な99島の景色をお楽しみに。
 
 
長崎弾丸旅、全体のインデックスはこちら

s-mic.hatenablog.com

この日(2日目)のインデックスはこちら

s-mic.hatenablog.com

その他、いっぱい歩いた話はこちら

s-mic.hatenablog.com

s-mic.hatenablog.com

s-mic.hatenablog.com

s-mic.hatenablog.com

 

 

海賊船で99島を巡る【99島・長崎】

2022年4月頭


 

‐長い間、海岸を見失うだけの覚悟がなければ、新大陸を発見することは出来ない。

 

‐ジッド

 

 

99島とはいうが、「数えきれないほどたくさんの島」という意味で実際には208島あるそう。このあたりを「九十九島パールシーリゾート」と呼ぶよう。この時気付かなかったがPearl sea resort(真珠海リゾート)というわけだ。

 

ここを船で旅するにはいくつかの方法がある。定番なのは大きな船の「九十九島遊覧船パールクイーン」か「九十九島海賊遊覧船みらい」。

 

九十九島海賊遊覧船みらい

 

外部リンク:九十九島遊覧船HP

99cruising.jp

 
私が行った時はパールシークイーンは運航されておらず海賊船のみだった。
大小様々な形をした島の間をパイレーツの船で進む。中では謎々も行われていて、まだ遊びたい盛りの小さい子供がいる人たちは大いに利用していた。
 
はしゃぐ子供達を横目に大人達は美しい景観に夢中。この日は曇りだったので写真映えはしてないと思うが、綺麗だった。
 

 
航行中は名所について放送で案内してくれる。日本語の後に英語が続くので、英語が分かるなら日本語を話さない人でも楽しめる。ちなみに、日本の歴史が絡む部分には、英語版は簡単な補足がされているので分かりやすい。日本史からすっかり遠ざかっている私には「聞き覚えがあるがなんだっけ?」という部分も丁寧に聞けるので、英語版は有り難かった。
 
特に見せ場と案内でも行っていたが、パールシーハーバーへ引き返すためにぐるっと方向を反転させるところはとても見ごたえがあった。
 
あっという間の50分の旅だが、十分楽しめるのでおすすめ。
 
 
長崎弾丸旅、全体のインデックスはこちら

s-mic.hatenablog.com

この日のインデックスはこちら

s-mic.hatenablog.com

その他船の旅はこちら

s-mic.hatenablog.com